親の愛情が足りなかった

親の愛情が足りなかった 更新:


両親が子供に無関心な場合や、両親の不在などがあると、家庭内の愛情が希薄になります。
また、両親は愛情を注いでいるつもりでも、子供がそれを適正に受け止められていないケースも考えられます。
一般的な愛情であっても、他の家庭と比べて愛情が足りないと子供が感じた場合も、このケースに当てはまる可能性があります。
家庭がどうであれ、子供の認識が重要という事です。

愛情が足りない家庭環境で育った場合、他者からの愛情を極端に求めたり、心の隙間を埋めるために何かの依存症になるケースが多くあります。
与えられる愛情自体に欲求が向くので、盲目的になり愛情を求めるあまり、自分が傷つくこととなっても愛情を求めようとします。
自己犠牲や過度な献身が自分を苦しめてしまいます。

また、無償の愛情の形が分らず、自分が注いだ愛情に見返りを求める傾向があったり、無償の愛情を表現する事が難しい性格になります。
または、「物やお金=愛情」というような屈折した価値観を持ってしまう事もあります。
これは、人間関係全般に影響を及ぼすものです。
愛情に対する極端な考え方があると、どうしても感情のすれ違いが起こってしまいます。

パートナーを選ぶ時も、相手に親の役割を求め、年上の相手を選ぶことが多いようです。
男女の関係というよりも家族としての存在を求める傾向にあります。

アダルトチルドレンのケースとしては下記の様なタイプになる可能性があります。
スケープゴート…問題を起こすことによって、周りの注意を集めようとするタイプ。
イネイブラー…親気質で、世話好きなタイプ。
ロンリー…自分の殻に閉じこもり、他者を寄せ付けないタイプ。





お勧めサイト

東京のアダルトチルドレンカウンセリング
東京都内のAC対応可能なカウンセリングルーム紹介