アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンとは 更新:
アダルトチルドレン(ACと表記される事もある)は本来、アルコール依存症の親を持つ子供が、成長の過程で経験した事の影響で、心に偏りが生じ、大人になっても生き辛さを抱えている人々のことを指しています。
アルコール依存回復の現場で、その家族に特徴的な傾向があり、特に子供は偏った性格傾向を持つ割合が高いというところから来ています。
これは発育環境が精神的成長に大きく影響し、その後も多様な問題の原因になることがあるという事です。

現在では、意味合いが広がり、機能不全家族で育った子供が、大人になっても生き辛さを抱えている人々のことを指して、アダルトチルドレンと呼ばれています。

幼少期の経験から、性格や考え方に偏りが生じ、大人になってもその偏りのせいで、社会に適応できないなどの問題を抱えている人はアダルトチルドレンであると言えるでしょう。
アダルトチルドレンには様々なケースがありますので、一言で説明するのは難しいかもしれませんが、特徴やタイプで分類されています。(各解説ページ参照)

また、アダルトチルドレンは病名ではありません。
総称であり、これという正式な定義もありません。
解釈には個人差があり、認識に若干のズレがあることも事実です。
また、専門家の中には否定的な見解を示す場合もあります。
問題の本質はアダルトチルドレンであることではなく、現在の内面にあると考えると、アダルトチルドレンに当てはまるという認識が、本人的に不安または安心となって良くない影響を与えかねないからです。

アダルトチルドレンは、成長過程で身に付いた考え方が原因となるので、改善や克服が容易ではありません。
長い時間をかけて身に染み込んだことですので、改善や克服にはそれ相応の時間と労力が必要となります。

アダルトチルドレンは病気ではありませんが、その生き辛さが原因で各精神疾患を患う場合もあります。




お勧めサイト

東京のアダルトチルドレンカウンセリング
東京都内のAC対応可能なカウンセリングルーム紹介